有機化合物の分類

さて今までいくつも有機化合物の名前が出てきたと思うけど、この「名前」っていうのが似たりよったりで覚えにくいな~って思っている人もいるんじゃないかな。
今回はまずタイトルにあるとおり有機化合物の「分類」について解説していくよ。

まず有機化合物は下図のように
・変化しない部分(炭素骨格:CとHだけで構成されたもの
・反応する部分(官能基:OやNなどC以外のものも含まれるもの
に分けられるんだ。

この2つについてそれぞれ分類があるよ。
数が増えてくるので頑張って覚えてね。

■炭素骨格による分類

下図のように大きく3種類の分類ができる。
とりあえず今はこんな分け方なんだ~♪くらいで覚えてくれたらOK。

たぶん芳香族炭化水素の条件がわかり難いかなって思うから補足しておくね。
・4n+2個(n=0,1,2…)の電子を持つ
・平面環状構造
・環状の共役系を持つ
※共役系っていうのは「C=C-C=C」みたいな単結合と2重結合の繰り返しのことね。

■官能基による分類

①官能基がない
アルカン(分子式がCnH2n+2で表現され、単結合だけで構成されているもの)

例:メタン

②C-Cの多重結合
(a)2重結合
アルケン(分子式がCnH2nで表現され、2重結合があるもの)

例:メチレン

(b)3重結合
アルキン(分子式がCnH2n-2で表現され、3重結合があるもの)

例:アセチレン

(c)芳香族炭化水素
⇒4n+2個(n=0,1,2…)の電子を持つ平面環状共役ポリエン(※)
※多数のエチレン結合 (-CH=CH-) を分子内にもつ炭化水素群のことね。
別に覚えなくてもよいよ(笑)

例:ベンゼン

Cと電気陰性度が高いものとの単結合
(a)COH
アルコール

例:エタノール

(b)C
エーテル

例:ジメチルエーテル

(c)C
アミン

例:メチルアミン

(d)C-(”X”はハロゲン化合物[F、Cl、Br、I])

例:塩化メチル

C=O(カルボニル)を含むもの
(a)CHO
アルデヒド

例:ホルムアルデヒド

(b)C-CO-C
ケトン

例:ジメチルケトン

(c)COOH
カルボン酸

例:エタン酸

(d)C-CO-O-C
エステル

例:酢酸メチル

(e)C-CO-N
アミド

例:メチルアミド

(f)C-CO-Cl
酸クロライド

例:塩化アセチル

種類が多い・・・まぁほぼ高校の範囲だし問題ないと思うけど。。。

有機化合物の「分類」が何を基準としているのか?を理解すると次の 命名法 も分かりやすくなると思うよ。(っていうかこっちがメインになるけど)

ではまた次回

© 2017 猫でもわかる有機化学

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする